体験談」カテゴリーアーカイブ

小学生の時からの悩み

私は小学生の時からの毛深いことが悩みでした。周りの友達も足や腕にうっすら毛が生えていたけど、私はやっぱり目立つ。
体育の時や遠足の時など体育座りをして男子の近くに座るのがとても嫌だったのをよく覚えています。
初めて毛の自己処理をしたのは中学1年生の時。
つるつるになった腕や足を何度も何度も触ってすごく嬉しかった気持ちは今でも忘れません。
小学生の時からの悩み
それから数年はカミソリや脱毛器を使って自己処理を続けてきました。
もともと毛深かった私はその行為が面倒であっても、毛が無くつるつるとした肌でいられることが嬉しかったので、苦痛ではありませんでした。
しかし気持ちが変わったのは大学に入学した頃。袖の短いカットソーを着たりノースリーブを着たりすると手を挙げられない。
それは黒ずんだ肌が見えるからでした。自己処理が続いてダメージがあったのに加え、剃っても剃りきれない濃さ。
おしゃれな洋服を着るには何かを変える必要がありました。
そこで友人から勧められたのは脱毛でした。幾つか無料体験や少額で行けるキャンペーンを受け、実際に脱毛サロンに通うことになりました。
特に濃さや黒ずみが目立っていた、ワキと膝下のみでしたがみるみるうちに生える毛も少なくなり自己処理の回数も減り黒ずみも目立たなくなってきました。
こんなことなら、もっと早く通っていればよかったと思います。でも脱毛にはお金がかかります。
学校規則でアルバイトができない高校生の時には絶対にできなかったこと。
もし自分の子どができたら、早い時期に脱毛をさせてあげたいと考えています。